【Airdrop】エアードロップで稼ぐ

AirDropとは?

仮想通貨業界では、取引所の発展や通貨の発展を目的として、無料でコインが配られます。

基本的には、そのプロジェクトに登録したり、ある通貨を持っていると付与されます。

 

AirDropの目的としては、

○ ホルダーを増やすことで流動性をアップさせる

○ 知名度向上を狙う

○ サービスの事前登録者をかき集める

 

簡単にいうと広告のためです。

 

しかし、それだけではありません。

結果何がしたいのかというといくつかの理由が挙げられます。

1 社会で価値のあるものにするため(頑張って作ったコインなので流動性を上げて、生き残るようにしている)

2 コイン製作者が儲けるため(知名度向上を狙い、コインの価格上昇を狙い、コインの価格が上昇したらコインを売る)

3 取引所を発展させるため (会社としての運用)

 

エアードロップで気を付けなければいけいなものは詐欺です。

エアードロップはICO詐欺で使われることが多いです。

金(ビットコイン)だけとられてということがないように気を付けてください。

私も昔やられました。気を付けてください。

 

しかし、AirDropはうまく拾っていくとそれなりの報酬になるので、特に投資予算が少ない方はぜひ参加しましょう。1件あたり250〜1,000円くらいのトークンがもらえる感じです。

さらに、タダでもらったトークンが値上がりすることも!

なかなかのワンチャンある感じです

BCH(ビットコインキャッシュ)なんかも「ビットコイン保有者に対するAirDrop」でしたが、ものすごいことになりました

 

 

オススメのAirdrop(エアードロップ)とは?!

 

 

一番のおすすめは仮想通貨取引所が発行するコイン(トークン)です。

Binance(バイナンス)が発行したBNBという独自トークンは2018年にビットコインが下落している機関でも上昇していました。

取引所は会社として動いているので基本的には安心です。

BNBを例にいうと、BNBで取引の手数料を払えば手数料が安くなったりします。

さらに取引所が発展していけばその取引所のトークンの価値も上がります。

 

仮想通貨元年は終わりましたが法整備も落ち着いてきているので世界のお金もこれからもっと仮想通貨にながれてきます。

すると、人口ボーナスも期待できます。

銀行よりも仮想通貨業者がこれからバンバンできていくと予想しています。

 

おすすめは取引所のコインやトークンです。

 

投稿日:

Copyright© 仮想通貨屋=Kのログブロ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.